ピルの副作用のリスクを減らす飲み方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さち
副作用が出ないピルの飲み方とかあるの?

大阪まなみ
すごく意外やけど、「飲み続ける」ことが重要なポイントやねん。

スポンサーリンク

ピルの副作用が出やすい時

副作用 頭痛

ピルの副作用としてよく挙げられるのが、「むくみ」「食欲増加」「体重増加(太る)」「吐き気」「頭痛」「眠気」「不正出血」、そして「血栓症のリスクが上がる」です

しかし、これらの副作用は、低用量ピルを飲み始めた頃から3カ月以内によく見られ、その後身体が慣れてくれば見られなくなるマイナートラブルです。妊娠初期と同じく、突然のホルモンバランスの変化に身体が慣れるまでみられるもので、遅くても飲み始めて3カ月を過ぎるとほとんどの人が感じなくなるものです。

When using any hormonal contraceptive, the risk of blood clots is higher during the first few months of use.

出典:https://www.npr.org/sections/health-shots/2014/02/09/273145327/nuvaring-contraceptive-settlement-leaves-women-weighing-risks

訳:ピルを服用する場合、飲み始めて最初の数カ月間は血栓症を発症するリスクがより高い。

つまり、低用量ピルを正しく安全に飲む1つの方法は「飲み続ける」ということです。

現実問題として日本で起こっていること

お金がかかる 高価

日本の産婦人科でピルを処方してもらうと、1カ月に2,500円~4,000円程度かかります。これでは長くピルを飲み続けることが困難になる人が出てきても不思議ではありません。

日本以外の国ではもっと安価で、フランスでは1カ月当たり300円程度、イギリスでは1,200円程度ですが無料で変える保険もあるそうです。アメリカでも1,000円程度からあります。

経済的に困難だからという理由でピルを飲んだり飲まなかったりという期間があると、「ピルを飲み始める時」という副作用のリスクの高い時期を何度も経験することになります。

Your risk of stroke or blood clot is highest during your first year of taking birth control pills. Your risk is also high when you restart birth control pills after not taking them for 4 weeks or longer.

出典:https://www.everydayhealth.com/drugs/microgestin-fe-1-20

訳:脳卒中や血栓のリスクは、低用量ピルを服用した最初の年に最も高くなります。 ピルを4週間以上服用しないで再開すると、リスクも高くなります。

日本でのピルの価格が現実的にそのようなリスクを高めている側面もある、ということは重大な問題だと思います。

このサイトでは、ピルを飲む人が経済的な負担をそれほどまでに感じずに、出来るだけ長く服用出来るように安い費用で個人輸入出来るサイトをお伝えしています。

低用量ピル・ミニピル・アフターピル・避妊パッチ通販
避妊に用いられる低用量ピル、ミニピル、緊急避妊用アフターピルが通販で入手できます。それぞれのピルの特徴と人気ランキングをお伝えします。

大阪人まなみ
私が飲んでるミニピルやと1カ月800円もしない。他の低用量ピルでも個人輸入やと1カ月1,000円もしないから続けやすいよね。私は5年以上飲み続けてるよ。

女性は30歳を過ぎると婦人科検診を受けた方が良いと言われています。海外から購入したピルを飲んでいても、婦人科検診を受ける際にピルを飲んでいることを伝えて検査してもらうと安心ですね。

トップへ戻る