アフターピルの種類と飲み方・市販されてる海外の薬局で買う方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気を付けて避妊をしていても、低用量ピルを飲んでいなければ、コンドームが破れていたり外れたり、その他にも「妊娠するかも・・・」と不安になることもありますよね。そんな時に飲んで望まない妊娠を避けるのが「アフターピル」です。「モーニングアフターピル」「事後避妊薬」と呼ばれることもあります。

望まない妊娠をした結果、中絶や消極的な妊娠、出産、子育てになるケースが増えています。誰も幸せにならない妊娠を避けるためのお薬がアフターピルです。

スポンサーリンク

緊急避妊用アフターピルの種類と飲み方

アフターピルとは「緊急避妊薬」「事後ピル」とも呼ばれ、性交渉を行った結果、妊娠する可能性があるような場合に望まない妊娠を避けるために飲む女性ホルモンを含んだお薬です。女性ホルモン値を大きく変えることによって排卵日を遅らせたり、抑制する効果があり、その結果精子の受精・着床の可能性を低くします。

アフターピルを飲む際には喫煙は厳禁です。また、セントジョーンズワートを含むサプリメントは併用しないでください。

アフターピルには2種類ある

アフターピルには主にプラノバール錠とノルレボ錠とがあり、主成分の割合が少し違っているため飲み方と副作用が異なります。

プラノバール錠

中用量ピルで女性ホルモン値を一気に上昇させてから下降させ、子宮内膜をはがして受精卵の着床を防ぐ方法をヤッペ法と言いますが、その時に用いられるお薬がプラノバール錠です。本来は月経困難症の治療のためのお薬なのですが、ノルレボ錠が国内初の緊急避妊薬として認可されるまではこのお薬を使ったヤッペ法が主流でした。ホルモン成分が多いため、吐き気などの副作用が出やすいと言われています。

性交後72時間以内に2錠飲み、その12時間後にさらに2錠飲みます。

ノルレボ錠

プラノバールと違い、緊急避妊のためだけに開発されたお薬です。そのため妊娠回避率はプラノバール錠よりも高いです。

性交後72時間以内に1錠飲みます。国内では唯一のアフターピルとして認可されています。値段はプラノバール錠よりも高価で、国内の病院で処方してもらうと保険適用外の自由診療なので1錠15,000円前後が相場です。個人輸入だと10分の1程度で買えます。

ノルレボ錠、またそのジェネリック薬品を飲む際には、ビタミンCは一緒に摂らないでください。血栓症のリスクが高まります。

アフターピルの買い方 入手方法

薬剤師

アフターピルは日本の薬局やドラッグストアで一般に市販はしていません。アフターピルを入手する方法は2つあります。

産婦人科を受診して購入する

避妊に失敗した、望まない妊娠をする可能性があるとわかったら、すぐに産婦人科を受診しましょう。72時間以内であればお薬は効きますが、服用が早ければ早い程効果は確かなものとなり、避妊できる確率は99%に近くなります。どこの産婦人科医でもアフターピルを処方してくれるわけではないので、必ず「母体保護法指定医」と明記している産婦人科に行きましょう。

保険はきかないので保険証が無くても受診できます。自由診療となるので一回の受診で1万円~2万円ほどかかります。

受診料が高価であることや、すぐに産婦人科を受診できるかどうかわからないこともあるので、前もって常備しておくことをおすすめします。そのために海外通販の個人輸入で購入する人が増えています。

個人輸入で購入する

個人輸入といっても、日本語のサイトで普通にオンラインの通販と何ら変わりはありません。海外通販は安価ですが、お薬の到着までに1週間程度かかるので緊急時に注文しても間に合いません。あくまでも万が一のための常備用に利用すると良いでしょう。

また、1箱2錠などその時限りの数しか入っていないタイプがほとんどです。副作用で吐いてしまったりするともう1錠必要になるので、念のために3箱程度のまとめ買いをおすすめします。

おすすめのアフターピル

マドンナ(ノルレボのジェネリック)

1箱2錠入り。性交後72時間以内に1回目(1錠)を服用し、その12時間後に2回目(1錠)を服用します。2回に分かれていますがノルレボの後発薬です。副作用をさらに抑えるための飲み方です。

ショップで見る

i-Pill(アイピル) 

1箱1錠入り。性行為後の72時間以内に1錠を服用します。副作用が非常に少なく、世界で一番飲まれているアフターピルです。

ショップで見る

ノルレボ(NorLevo)1.5mg

日本で認可が下りているアフターピルのノルレボです。産婦人科でもらうとお薬代だけで1万5,000円程度します。

ショップで見る

トップへ戻る