危険!ロエッテをアフターピルとして飲む方法が間違ってます!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪まなみ
低用量ピルの中には、アフターピルとして緊急避妊にもつかえるのがあるんやけど、その飲み方が間違ったままネットで広がっててめっちゃ心配してるねんけど。。。
さち
まじで?もしかして緊急避妊出来なくて妊娠しちゃうんじゃないの?どんな風に間違ってるの?
大阪まなみ
ロエッテっていう超低用量ピルやねんけどな。。。

ロエッテを緊急避妊用に使うには1錠+1錠では足りません

大手の個人輸入代行サイトが間違った情報を載せているため(2017年9月現在)、それを単に真似して作ったサイトや通販サイトで間違った情報がまかりとおっています。
お薬のことを詳しく専門的に書いていそうな見栄えの良いサイトでも間違っているので、注意してください。

ロエッテの商品説明ページに次のように書かれています。

ロエッテの使用方法

緊急時の避妊を目的とする場合は性交渉の72時間以内に1錠、さらにその12時間後に1錠を服用してください。
大阪まなみ
ロエッテって卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールが0.02mgしか入ってない超低用量ピルやねんな?それで72時間以内に1錠、その後にまた1錠って、そんなんで緊急避妊出来るわけないやんね?!

緊急避妊にはレボノルゲストレルが1.5mg必要

LNG法で緊急避妊するには、黄体ホルモンのレボノルゲストレルが1.5mg必要です。アフターピルとして販売されているお薬はこの形態をとっています。

緊急避妊ピル・アフターピル
どれほど気をつけていても「やばい!避妊失敗したかも?!」と思う瞬間がありますよね。次の生理がくるまで不安な日々を過ごすのは辛いものです。そんな時に緊急避妊薬、アフターピルがあると安心です。万が一に備えて、常備しておくことをおすすめします。

しかし、日本ではあまり知られていませんが、低用量ピルを緊急避難用に飲むことは可能で、この際には卵胞ホルモンとの量の兼ね合いがありますので、一概に「レボノルゲストレル1.5mg分」とは言えません。

下記は英語サイトですが、参考になります。

Emergency Contraception: Pill brands, doses, and instructions

ロエッテについてはこちらに緊急避妊用の飲み方が書いてあります。

ロエッテによる避妊方法

出典:https://www.fphandbook.org/sites/default/files/chap_3_eng.pdf

WHOも協力している、家族計画に関するガイドブックや知識・情報の配布を目的として、製薬会社や病院向けに作られたサイトです。

その中で、ロエッテをアフターピルとして飲む場合は、(72時間以内に)まず5錠、その後12時間経ってまた5錠服用する、と明記されています。

先ほどの通販サイトの中のレビューには、次のような声が寄せられています。

・ロエッテは2度飲む手間はあるけれど、10回分で経済的なのが 気に入りました。

・中に出してしまった時の緊急用として購入。試してはいないが24時間以内なら確実に避妊できる

・万が一の避妊失敗の時のために購入しました。

・普通のピルとしてもアフターピルとしても使えると聞いたので、これはかなりお得ですよ!

・アイピルとどっちにしようか悩みました。ロエッテは10回以上使えることになります。 つまりはアイピル10箱分!断然お得!

・21錠入ってるから、1回2錠で10回分って事ですよね。

さち
怖すぎる・・・

間違った情報を流しているのは、上記の通販サイトだけではありません。

ロエッテを紹介、販売取り扱いしているお店でも堂々と「72時間以内に1錠・・・」と書かれているところがたくさんあります。

望まない妊娠を確実に避けるために、1人でも多くの人が犠牲にならないように、このような間違った情報を信じている人が周りにいたら教えてあげて下さい。

トップへ戻る