【経験者体験談】血栓症になったらふくらはぎにどんな痛みがあるか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪まなみ
実はな、こないだ「血栓の前段階」の症状が出てん。。。
さち
えー!超怖いじゃん!
大阪まなみ
うん。。。その時は何週間も気が付けへんかってんけど、調べれば調べるほど、どう考えても「これってもしかして血栓になるやつやん!」って状態やって。
さち
病院行ったの?
大阪まなみ
いや、自分で気がつく前に行った時には「原因不明」で、その後「あ、ピル飲んでるって言うの忘れた」とか色々気がついて、「血栓になるかも」って思った時は旦那にめっちゃ足マッサージしてもらって、調子良くなったからそのままやねんけどな。

あまり気にしすぎる必要もないかも知れませんが、参考にしてください。

ピルで血栓症になる確率は妊娠・産後のリスクよりはるかに低い
低用量ピルを飲むと血栓が出来るリスクが高くなると言われますが、実際にはどれくらいの確率なのでしょうか。また同じく血栓症になりやすい妊娠中の妊婦さんと、分娩を終えた産後12週間までのママが抱える血栓リスクとも比較してみました。

スポンサーリンク

血栓前段階の初期症状の実例を紹介します by まなみ

私が右足に異変を感じたのは初夏の頃でした。

「足が痛い。」と思ったのですが、その前の日に長時間歩いたので、その筋肉痛かなと思っていました。片足だけ、というのが不思議でしたが、2,3日すれば治るだろう、と。ふくらはの辺りが痛く、見た目はむくんでないけれど、むくんでるようなダルくて重い感じが右足だけありました。足を押しても浮腫っぽい感じはないけど、靴下の後はくっきりと付き、出来れば足を上げて寝たい。

でも2,3日経っても全然良くならなくて、痛みはどんどん増していき、次の症状は「ひざを曲げたら痛い」でした。膝の前面が痛いのではなく、膝の裏が痛いというのが初めてでした。膝の裏を中心として上の太ももの方、下のふくらはぎが痛いのです。ものすごい圧迫感による痛みがあって、正座が出来ませんでした。

大阪まなみ
めっちゃキツいスキニージーンズを履いてたら膝曲げて座られへんみたいな。圧迫するやん?あんな感じ。片足だけな。

1カ月くらいそんな日々が続き、関節が問題なのかも?と思って、病院に行きました。

レントゲンもエコーも問題なく、骨も関節も問題なく、ひざ裏に血が溜まってるということもないと言われました。町医者では「筋肉の炎症」と言われ、整体に行けば「身体が歪んでるから」と言われ、でもシップも痛み止めも整体も効きませんでした。

立ち仕事や歩くことに支障はほとんどありませんでした。しかし床に座るのは難しく、洗濯ものを畳むときは、子どもが小さい時に使っていたステップに腰掛けて、痛い方の右足は伸ばして横に投げだしたまま作業をしていました。

色々自分で調べるうちに、気がついたのです。

「あ、私、ピル飲んでる!」

大阪まなみ
ほんまにアホやろ?長年飲み続けて来たから、ピルを飲んでるって自覚がほとんどなかってん、私。

そこで血栓の初期症状を調べるとまさに!前触れ段階の症状の中に同じものが幾つもありました。

・片足だけが痛む

・ふくらはぎに筋肉痛のような痛みが続く

・膝の裏が痛い

・むくみ

・圧迫による痛みを感じる

幸いなことに、胸の痛みや頭痛、視界の異常、ろれつが回らないなど、肺や脳の異常は何も感じませんでした。ふくらはぎの静脈が浮き出て見えるとか、脚に青い筋が走っているとか、そういったこともありませんでした。

大阪まなみ
私の場合は、「このままじゃ血栓症になるよ」という前段階の症状やってんね。胸とか脳の異常があったら即病院やで!
目をそらしてはいけないピルの副作用(血栓)の危険性と現実
35歳以上の人はミニピルが一番おすすめ まず副作用として一番怖い血栓症ですが、実際に日本でも低用量ピルの副作用による血栓症は報告されています。公表されているものか...

血栓症の原因・リスク・理由・予防方法は

血栓症、エコノミー症候群は誰もがなる可能性がありますが、リスクを高める原因は幾つもあります。

・女性は血栓症になりやすい(冷えやすい、血行が悪くなりやすい)

・女性ホルモンは特に妊娠中に多く分泌され、出産による大出血を止めるように血液を固める作用がある

低用量ピルや不妊治療で使われるホルモン剤にはこの女性ホルモン(エストロゲン)が含まれているため、妊娠中と同じリスクがあります。

ピルが問題なのではなく、「妊娠中と同じリスクがあります」とあまり周知されていないことだと思います。

だから次のような人はさらに気をつけるべきでしょう。

・40歳以上

・乳がん、子宮がんの可能性がある・闘病中・なったことがある人

・血栓症、心筋梗塞になったことがある

・35歳以上で1日15本以上のたばこを吸う人

・重い腎臓病・心臓病・肝臓病がある人

・生活習慣病(高血圧や糖尿病、肥満体型など)を持っている人

・家族に血栓症になったことがある人がいる場合(遺伝的体質)

こういった要因のほか、リスクを高めたり直接的な原因となるのが次のようなものです。

・水分不足(血液がドロドロになる)

・同じ姿勢を長時間続ける

・運動不足

熊本の地震後の車中泊でエコノミークラス症候群で亡くなった方が何人もいらっしゃいましたが、11人中9人が女性だったそうです。エコノミークラス症候群は血栓症のことです。

大阪まなみ
私の場合は、完全に「水分不足」と「同じ姿勢」やねん。夏やったけどあんまり水分を取ってなかった。お水飲むのが苦手でね。あと仕事で座りっぱなしとか、立ちっぱなしってことが多いわ。

妊娠中は「このようなことに気をつけましょう」と病院でも言われますし、妊婦用の雑誌とかでも情報が多いのですが、ピルは病院でもらう時もそんな説明はほとんど無い場合があり、あっても軽くサラリと説明したあと「小冊子渡しとくから読んでおいてください」程度なことが多いようです。

そもそもやはり日本はピル後進国なので、情報が少ない!ですね。避妊について、夫婦生活について真面目に話をすることもほとんどないですし、女性の身体の悩みは「生理痛」「自律神経失調症」「更年期障害」くらいしか周りと話をしませんね。更年期障害すらあまり話題にしがたらない傾向にあったり。

大阪まなみ
ピル後進国というか、避妊後進国やな。。。

低用量ピルを飲んでいる自分の身体は妊娠中と似た状態なんだ、と頭では分かっていたのですが、実感はありませんでした。

「妊娠中と同じ」=「排卵が起きない」程度にしか考えていなかったからです。

自分で調べてみて初めて「妊娠中と同じ(女性ホルモンが多い)」=「血液が固まりやすい」がわかったのです。妊娠中はさらにお腹が大きくなってくると、余計に血流が悪くなるのでリスクは高まります。

大阪まなみ
私の場合の盲点は、「副作用は飲み始めに多い」「ずっと副作用なんかなかったから大丈夫」てところで完結してた。長期間飲んでるから【年齢】のリスクが上がってる!て気が付いてなかった。
35歳以上・喫煙者・授乳中のママ向けピル
喫煙者や35歳以上の女性、授乳中の方はエストロゲンが含まれている低用量ピルよりも、黄体ホルモンのみで出来ているミニピルの方が安心です。

前触れ段階では血がドロドロになっている可能性があることと、ごく小さな血栓が出来ているかもしれません。しかし血液の状態は水分状態などで変わっていきますし、ごく小さな血栓は自然と溶けてなくなることの方が多いです。

ビタミンCにも注意!

しかも、この頃私はビタミンCを過剰に摂取していました。ピルを服用中にビタミンCを大量摂取すると血栓症のリスクが上がります!

チュアブルタイプのポリポリ食べられるビタミンCをおやつ代わりに食べていました。「ビタミンCはおしっことして身体から出ていくから大丈夫!」とか言って食べていたんですね。

低用量ピル服用中はビタミンCの過剰摂取に注意
低用量ピル、ミニピルを飲んでいる時にはビタミンCの過剰摂取に気をつけなければなりません。ピルと大量のビタミンCを併用するとどんなことになるのか、その危険性を調べました。
大阪まなみ
4粒で500mgということは・・・この痛みを感じる前2,3カ月は1日2,000mgとか摂っていた日もあると思う・・・。無知って怖い(><)

40代でもピルで避妊したい人はミニピルに変える

ピルでの避妊に慣れると、今さら他の避妊法に変えるのは勇気がいるものです。

低用量ピルでは、妊娠中と同じくらい血栓のリスクが高まるとはいえ、「妊娠中は平気だったし」と思ってしまうのも当然です。

ただし年齢のことと生活習慣のことを考えると、改善できる部分は改善することが必要になるでしょう。

例えば・・・

・低用量ピルからエストロゲンの入っていないミニピルに変える・水分をちゃんと摂る

・座りっぱなし、立ちっぱなしに気をつける

・段階圧縮の靴下などを利用する

・血液をサラサラにする食生活、サプリなど

ミニピルに変更すれば、リスクは他の一般女性と変わらなくなります。ただし、ミニピルでもビタミンCの取りすぎには注意が必要です。

ミニピル・ノリディのレビュー・体験談・副作用・危険性
40代になったので低用量ピルからミニピルに変えました。タバコを吸う人でも、40代以降の人でも、授乳中でも安心して飲める避妊用ピルはミニピルだけです。ミニピルは低用量ピルと成分が少し違います。ミニピルの飲み方や体調の変化、注意点や危険性など、私自身の体験談をお伝えします。

35歳以上・喫煙者・授乳中のママ向けピル
喫煙者や35歳以上の女性、授乳中の方はエストロゲンが含まれている低用量ピルよりも、黄体ホルモンのみで出来ているミニピルの方が安心です。

血液をサラサラにするために玉ねぎなどをよく食べたり、今はピルと一緒にクリルオイルのサプリを飲む人は多いです。

大阪まなみ
血栓てホンマ怖いし、その前触れ段階の症状でも結構辛かったから、みんなも気をつけてや!私はミニピルに変えたよ!

私のこの症状の原因は

・年齢

・水分不足、運動不足

・ビタミンCの過剰摂取

と思われます。

ちなみにトリキュラーの「利用者携帯カード」は↓です。ピルを日本の病院で買うとくれるので、お財布などに入れておいてくださいと言われるものです。

トップへ戻る