夫婦の避妊は連帯責任 思いやりが大切

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さち
旦那さんはやっぱりコンドームするの、嫌だったりするのかな?
かずき
正直言ってさぁ、奥さんが避妊してくれると助かるっていうか、嬉しいっていうか。俺は装着感があんまり好きじゃないから、、、っていうか好きじゃない男の方が多いだろ。
つとむ
やっぱ夫婦なんだからゴムなしでやりたいよな、っていうのが本音。基本的に病気をどっかからもらってくる心配はないし、まぁ、「万が一妊娠しても社会的に非難されるわけじゃないし」ってのもあるしな。
大阪まなみ
だから40代とかなってからの中絶も増えてるんやろな。妊娠したけど産めないってなった時の痛みは心も身体も奥さんの方が何倍も辛いから、夫婦で避妊するって大事やねんで。
さち
旦那さんも奥さんも責任あるよね。

避妊は男性の責任、女性の権利

「避妊は男性の責任、女性の権利」という言葉があります。「妊娠する」、「出産する」、「中絶する」、いずれにしても女性はもう一つの命を預かった段階でそこに自分の命や人生も関わってくるわけで、そこに至りたくないと強く願う時には自分で自分の身を守る権利があるのです。

欧米ではその考え方が強いため、「自分自身のために」女性が率先して避妊をします。性病を防ぐことは出来なくても、望まない妊娠を自分で避ける手段は幾つも用意されています。海外ではコンドームは「避妊具」というよりも「性病を防ぐ」という側面の方が強いようです。

コンドームだけで男性側に責任を押し付けるのはいかがなものか、と思う時があります。

「避妊してくれない」と女性が男性を非難する話も聞きますが、相手を非難する前に女性も自分が出来ることはやるべきだと思うのです。

結婚した大人の夫婦である以上、家族計画は夫婦2人の連帯責任だと思います。

世界の避妊事情と日本の中絶事情
日本の女性は危ない? (出典:Trends in Contraceptive Use Worldwide 2015/United Nations) これは2015年度の統計です。15歳から49歳までの結婚、内縁状...

女だってゴムなしの方が良い人もいる

ピルかコンドームか

「コンドーム、嫌だなあ」と言うのはなにも男性ばかりではありません。

女性の中にも「ゴム苦手」「ラテックスアレルギーでかぶれる」「気持ちよさ半減」「ゴムだけじゃ不安」という意見があります。

そうして低用量ピルや避妊リング、避妊手術を受けてコンドームが無くてもしっかり避妊できるようになってから「夫婦生活を心から楽しめるようになった」「妊娠しない安心感からか感度が良くなって気持ち良くなった」という人も多いです。

ピルの副作用の一つに「性欲が減る」というのがありますが、だからといって男性のように機能不全になるわけではなく、「妊娠しないという安心感」が上回ることの方が多いでしょう。

大阪まなみ
でもな、女の人が避妊をするのは自分のためでもあるけど、夫婦の場合は旦那さんのためにって気持ちも強いねんで。

避妊をするのはお互いのため

夫婦

生理痛軽減やその他の治療のために低用量ピルを飲む場合を除き、「妊娠したくない」と思って避妊のために飲むときには、奥さんが「コンドームが無い方がいい」と思っている場合と、「どっちでもいいけど、主人がコンドーム無しの方が喜ぶから」という場合とがあります。

(中には「どうしても旦那がきちんと避妊をしてくれない」という切実な奥さんもいますが・・・)

まだまだ日本では低用量ピルを避妊のために飲むことは女性にとってハードルが高いです。しかも「遊んでるように見られる」「浮気疑惑」など変な偏見があったり、副作用のリスクも背負うことになります。IUS(ミレーナ)など避妊リングを入れるのも同じです。

それをしっかり理解した上で、旦那さんには「毎日ピルを飲んでる奥さんへの気遣い」「避妊リングや避妊手術をした奥さんへの思いやり」を忘れないようにしてもらいたいと思います。

もちろん逆に避妊を完全に旦那さんだけに任せている奥さんは「旦那さんへの感謝」を忘れないようにしなければいけないでしょう。

夫婦生活、夜の営みはどちらかが自分の欲求のためだけにするものではなく、夫婦の大切なスキンシップ、愛情あるコミュニケーションであるはずです。お互いに協力しあってお互いのために最善の方法を探る努力も必要でしょう。

「あなたがコンドームをつけるべき」とか「君がピルを飲めばいい」とか、お互いに責任をなすりつけるのではなく、「避妊してくれてありがとう」とお互いに思えたらより良い夫婦生活になるでしょう。

大阪まなみ
うちは私がゴム嫌いなのもあってピルを飲み始めたけど、主人はピル飲んだかどうか確認してくれるし、体調悪くなったらすごく気をつかってくれるし、無理せずいつでも止めたらいいからって言ってくれる。副作用で足がむくんだ時はめっちゃマッサージしてくれたよ。

目をそらしてはいけないピルの副作用(血栓)の危険性と現実
35歳以上の人はミニピルが一番おすすめ まず副作用として一番怖い血栓症ですが、実際に日本でも低用量ピルの副作用による血栓症は報告されています。公表されているものか...
トップへ戻る