ピルの服用による眠気と倦怠感への対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あつし
うちの奥さん、ピル飲み始めてからやたら眠いとか疲れたとかって言うんだけど。やばくない?
大阪まなみ
身体が妊娠してるような状態になるから、飲み始めたころは特に妊婦さんと同じような副作用が出やすいねん。

スポンサーリンク

眠気と倦怠感は多くの人が感じる初期の副作用

低用量ピルを飲み始めると、身体が妊婦さんと同じようになります。卵胞ホルモン(女性ホルモン・エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が普段より多く体内に入るからで、それにより排卵を起こさせないようにする=避妊作用がある、ということだからです。

つわりに代表されるように軽い吐き気や食欲増加、胸の張りなどは病院でも説明されると思うのですが多くの人が「日中の眠気がある」「疲れ、倦怠感がある」とも言います。ピルを飲んで疑似妊娠状態になると高温期が続くため、眠りが浅くなり眠気を感じるのでしょう。

これは妊婦さんの初期症状によくあるものです。特にピルを飲み始めて間もない頃、1カ月くらいはそういう症状が現れやすいです。

どうやって対処してるの?

眠気

人の身体は体温が下がることで質の良い深い眠りを得られます。女性が高温期にあると眠りが浅くなり、眠りの質が低下するため日中の眠気が強くなると考えられています。

それでも日中に眠気をもちこさないために、ピルを夜に飲むようにするとお昼間は少し身体が楽になるかも知れません。

また、睡眠不足の場合、朝起きるのが辛いですがそれでもしばらくは頑張って朝早く起き、積極的に太陽の光を浴びるようにしましょう。少しでも身体にメリハリをつけることが大切です。

普段の生活を見直して、コーヒーや紅茶などのカフェインを夜は摂らない、寝る前1時間はPCやスマホ画面を見ないようにする、過度に(30分以上)昼寝をしない、身体を動かして血行を良くする、なども心がけましょう。

どれくらい続くの?

眠気

眠気や倦怠感は重篤な副作用ではなく、マイナートラブルと呼ばれるものです。多くの場合2週間から1カ月もすれば身体も慣れ、元通りの生活に戻るようです。

それ以上続くようならば、もしかしたら飲んでいるピルの種類が身体に合っていないのかも知れません。「避妊」という点だけを見ればどのピルも同じだけの効果がありますが、入っている成分は少しずつ違うので、身体が過剰に反応する成分があるのかも知れません。

病院で処方されて飲んでいるのであればお医者さんに相談してみましょう。あまりにも耐えがたい眠気ならば違う種類のピルを処方してくれると思います。

ベテランユーザーで、ピルの種類を個人輸入で購入し、ピルの種類を変えた場合もマイナートラブルが出ることがあります。様子を見てまた別の種類に変えるのも一つの方法です。

低用量ピルの種類と特徴
一言に避妊ピルと言っても色んな種類があります。避妊用に使われている低用量ピルの種類と特徴をまとめました。

トップへ戻る