将来的な子宮内膜症による不妊のリスクを減らすためのピル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さち
高校生の従妹が生理痛がひどくてさ。最近は痛み止めも効かないみたいで可哀相だわ。
大阪まなみ
婦人科に行った方がいいよ。子宮内膜症になったら妊娠しにくくなるし。ピル処方してもらえたらええな。

スポンサーリンク

若い時からピルを飲んでいると子宮内膜症による不妊症の予防になる

若い女性

ピルと言えば避妊というイメージが強いですが、ニキビ治療や肌荒れの治療、多毛症の治療、月経困難症の治療にも用いられています。
そして更に、子宮内膜症や将来的な不妊症のリスクを減らす目的で飲んでいる若い女性もいます。

女性の10%に子宮内膜症がみられ、不妊症の約20%は子宮内膜症によるものだと言われています。

子宮内膜症とは

生理は使われなかった子宮内膜が剥がれ落ちて出血するものです。
子宮内膜が厚くならないということは、生理の時の出血も少なくなり、生理も軽くなります。

子宮内膜症

子宮内膜症は、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が卵管を逆走して卵巣や腹部臓器に達して増殖するために起きると言われています。

卵巣や卵管など子宮以外の場所にできた子宮内膜も、子宮内の子宮内膜と同じように月経期に剥がれ、剥がれた部分から出血します。正常な子宮内の内膜は膣を通って体外に排出されますが、子宮の外に出来た子宮内膜組織は膣を通れません。そのため、子宮外で剥離した血液や内膜は、体外に出ることができず体内に溜まります。

そして卵巣や卵管、その他いろいろな臓器との癒着が起こり、不妊の原因になります。

卵巣の中に血液がたまって卵巣組織にひきつれや癒着が起こると、卵が卵管に入っていけなくなります。その結果、排卵や受精、着床に支障が出てきて不妊症となるのです。

初潮が低年齢化し、出産が高年齢化することによって、現代の女性は出産までの生理の回数が昔よりも遥かに多くなっています。生理そのものが子宮内膜症の原因なので、子宮内膜症にかかるリスクが高まています。出産までに子宮内膜症になってしまった場合、その25%の人が妊娠しにくい身体になってしまうと言われています。

低用量ピルが子宮内膜症の予防になる

妊婦さん

低用量ピルを飲んで排卵を抑制することによって、子宮内膜は厚くなりません。

ピルを飲む → 排卵が起きない → 受精しない → 受精卵を着床させるために子宮内膜を厚くする必要がない、と身体が判断するためです。

子宮内膜が厚くならず出血も少ないと、子宮外に子宮内膜が広がっていくリスクが大幅に減ります。

産婦人科の川村真奈美医師は「月経痛の強い人、ひどい人は、将来、子宮内膜症になる可能性が普通の人より高いと言われています。ピルは子宮内膜症を予防できるので、不妊を予防することもできます。若い人には積極的に飲んでほしいです」と話していました。

出典:NHK https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/400/121501.html

生理痛が重い人は子宮内膜症になる確率が高いと言われています。

もしいずれこの先、妊娠を望むのであれば子宮内膜症の予防としてもピルを飲んでみてはどうでしょうか。

ピルによる妊娠へのリスク、胎児・赤ちゃんへの影響は下の記事に書いています。

ピルをやめるとすぐに妊娠する?ミレーナとか避妊リングは?
ピルで不妊になることはない ピルを長期間飲み続けていると、「このまま排卵がなかったら・・・」と不妊の心配をしてしまうかもしれません。特に若い夫婦で、これから将来子どもを産むつもりにしている人たちには、心配ですね...

ピルは何歳から何歳まで飲んでいいの?誰でも買える?
低用量ピルは何歳から飲めるのでしょうか?また何歳まで飲んでいいのでしょうか?「40歳を過ぎた人には低用量ピルを処方しません」という病院もありますが、40代以上の人が安心して避妊するにはどうすればいいのでしょうか?それぞれについて調べてみました。

トップへ戻る