ニコレット(禁煙ガム・禁煙パッチ)ならピル服用中でもOK?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さち
ニコレットとかで禁煙しながらピルを飲むのはどう?
大阪まなみ
ニコレットで「禁煙してから」ならいいんやけど。「ニコチン」が問題やねん。

喫煙者に朗報:タバコを吸っていても安全な避妊ピルがあります
低用量ピルは授乳中のママやタバコを吸う人、40歳以上の人は飲まない方がいいとされてますが、そんな人たちでも安心して飲める避妊ピルがあります。日本では全く普及していませんが、海外では広く利用されているピルです。その避妊ピル(ミニピル)について調べました。

アイコスとか電子たばこも低用量ピルに影響する?
ピルを服用中、たばこはダメでもアイコスならOK? タバコが値上がりしたり、禁煙ブームや健康ブームで紙巻きタバコからアイコスなど「加熱式たばこ」「電子タバコ」に変える人が増えているようです。 ...

スポンサーリンク

ピルを飲んでる時、タバコはダメでもニコレットならOK?

ニコレット 禁煙

禁煙補助剤として良く知られているニコレットですが、タバコが厳禁な低用量ピルとの相性はどうでしょうか。

ニコレットなど禁煙ガムや禁煙パッチと呼ばれる禁煙補助剤は、ニコチン置換療法で使われます。ニコチン置換療法(NRT)とは・・・

タバコに含まれるニコチンを喫煙以外の方法で置換し、イライラ・集中困難・不安・だるさ・眠気などのニコチン離脱症状を軽減し、まずは生活習慣を改善。その後ニコチンの摂取量を徐々に減らして禁煙に導きます。

出典:https://www.nicorette.jp/about_therapy

ニコチン依存症、ニコチン中毒でタバコが止められない!という人が、たばこ以外の方法で身体にニコチンを取り入れて中毒症状を和らげ(実際に「タバコを吸いたい」という衝動が減るそうです)、禁煙に持っていくというものです。

つまり、ニコレットにはニコチンが含まれていて、そのガムを噛むことで口の粘膜からニコチンを取り入れているのです。

問題はニコチンが血管を収縮させること

血管

低用量ピルを飲んでいる時になぜタバコを吸うといけないのかというと、そもそも女性は血栓症のリスクが高い上に、低用量ピルで女性ホルモンが増えると更にそのリスクが高まり、さらに血管を収縮させるタバコを吸うことでリスクが何倍も増えるからです。

注意!ピルを飲んでいる間にやってはいけないこと!
タバコは厳禁 タバコは厳禁です。低用量ピルに含まれる女性ホルモンには血液を固まりやすくさせる作用があるため、まれに副作用で血栓が起きることがあります。タバコは血管を収縮させるため、さらに血栓のリスクが高まります。 ...

日本の産婦人科学会や海外の医学に関するサイトを長時間にわたって探しましたが、はっきりと断言したり、関連データを示してくれるものは見つけることが出来ませんでした。しかし、当サイトの見解としては、血管を収縮させる作用のあるニコチンが含まれている以上、ニコレットなど禁煙補助剤の禁煙ガムや禁煙パッチであっても、低用量ピルとの併用は危険であると思われます。

禁煙するか、ミニピルにするか

どっちにするか

今現在タバコを吸っていて、避妊のためにピルを飲むことを考えているのなら、「禁煙する」か「ミニピルにする」かの選択になります。

禁煙は、ニコレットなど禁煙ガムを噛むなどして進めるととても楽です。

日本で買うよりも海外から取り寄せる方が断然安いです。

ニコレット

ニコレットガム(NicoretteGum)2mg[フルーツフュージョン味]

ニコレットガム(NicoretteGum)2mg[ミント味]

ニコレットガム(NicoretteGum)2mg[アイスホワイト]

ニコレットガム(NicoretteGum)2mg[オリジナル]

ニコレットを使った禁煙方法は公式ホームページに詳しく書かれています。

ニコレット®の禁煙ガイド
あなたに合わせた禁煙プログラムを 禁煙に伴うイライラ・集中困難・落ち着かないなどの症状に特に悩まされるのは禁煙開始から1~2週間です。 下記のグラフから、あなたの1日に吸うタバコの量に合ったニコレット®の使用個数と、禁煙成功への期間を確認し、 始めから無理に減らそうとしないように進めていくのが効果的です。

どうしても禁煙出来ない人はミニピルにして避妊しましょう。

喫煙者に朗報:タバコを吸っていても安全な避妊ピルがあります
低用量ピルは授乳中のママやタバコを吸う人、40歳以上の人は飲まない方がいいとされてますが、そんな人たちでも安心して飲める避妊ピルがあります。日本では全く普及していませんが、海外では広く利用されているピルです。その避妊ピル(ミニピル)について調べました。

喫煙者におススメのミニピル

ノリディ ミニピル ノリディ(Noriday)黄体ホルモンのプロゲスチンのみを含んでいます。長年使用されてきた実績により安全性と有効性のデータが多いほか、今後新たな副作用が発現するリスクが低い点が強みです。

詳細を見る

セラゼッタ ミニピル セラゼッタ(Cerazetta)デソゲストレルと呼ばれる、合成黄体ホルモンだけを含みます。エストロゲンの使用ができない喫煙者や授乳中、高血圧や血栓症や片頭痛などの方にも処方される避妊薬です。

詳細を見る

ミニピル ノリディとセラゼッタの違い
ノリディとセラゼッタの違い ミニピルには「ノリディ」と「セラゼッタ」という2種類のお薬があります。   どちらも飲み方は同じです。黄体ホルモンだけが入っているお薬を、毎日同じ時間に飲み続けます。 タバ...

35歳以上・喫煙者・授乳中のママ向けピル
喫煙者や35歳以上の女性、授乳中の方はエストロゲンが含まれている低用量ピルよりも、黄体ホルモンのみで出来ているミニピルの方が安心です。
トップへ戻る