各種避妊法の衝撃の失敗率データ!薬品会社公表

確実に100%避妊できる避妊法はありません。どの避妊方法にも必ず「失敗」はつきものですが、その失敗率(妊娠の確率)と、どのような時に妊娠するのかを事前に理解していたら、望まない妊娠はより高い確率で避けることが出来ます。低用量ピル、コンドーム、避妊リング(IUSとIUD)、リズム法(基礎体温、オギノ式)の失敗率の実態。

記事を読む

低用量ピルを飲み忘れたらどうしたらいいの?中止?緊急避妊?

低用量ピルの飲み忘れは誰にでもあること。飲み忘れに気が付いたら焦らず素早く正しい対処をしましょう。1日なのか2日なのか、何時間遅れたのか、ピルの再開はどうするのか。そのまま続けられる場合と、特殊な飲み方をする場合、時にはアフターピルでの緊急避妊も必要となるかも知れません。

記事を読む

殺精子ゼリー付きのコンドームの効果と副作用

女性の中にはコンドームだけの避妊は不安だと感じている人がたくさんいると思います。破れたり漏れたりして避妊に失敗するケースは多くあり、男性側も気になることがあるでしょう。でも避妊用の低用量ピルは飲みたくないという人には、殺精子剤ゼリー付きのコンドームをおすすめします。コンドームの内側についているので安心です。

記事を読む

コンドームユーザーはアフターピルも常備しておいた方が安心

どの家にも緊急避妊ピルがあれば安心 アフターピルは事後避妊薬、緊急避妊ピルとも呼ばれています。モーニングアフターピルとも言います。 コンドームを使っていて避妊に失敗することは珍しいことではありません。「破...

記事を読む

世界の避妊事情と日本の中絶事情

日本の女性は危ない? (出典:Trends in Contraceptive Use Worldwide 2015/United Nations) これは2015年度の統計です。15歳から49歳までの結婚、内縁状...

記事を読む

目をそらしてはいけないピルの副作用(血栓)の危険性と現実

35歳以上の人はミニピルが一番おすすめ まず副作用として一番怖い血栓症ですが、実際に日本でも低用量ピルの副作用による血栓症は報告されています。公表されているものか...

記事を読む

夫婦の避妊の実情の口コミ・アンケート

産後の避妊方法で悩んでいる人は多い 子どもを産んで1年程度は、女性の身体はとても妊娠しやすい状態にあると産婦人科で聞くと思いま...

記事を読む

副作用がひどい人は超低用量ピルやミニピルがおすすめ

副作用が出にくい超低用量ピル 一般的にピルには高用量ピル・中用量ピル・低用量ピルとあり、卵胞ホルモン(女性ホルモン・エストロゲン)の含有量によって分けられています。 エストロゲンが50マイクログラム以上のものを高用量...

記事を読む

低用量ピルの嬉しい効果・危険な副作用

低用量ピルの副作用には良い影響と悪い影響がある 今や個人輸入で手軽に手に入れられるようになった低用量ピルですが、購入目的は様々なようです。 良い影響・副作用として一番言われるのが「肌の調子がい...

記事を読む

結婚後の避妊の選択肢

夫婦生活での避妊方法の主流は体外射精とコンドーム どこかに「避妊しなくてもいい」「夫婦だから出来たら出来たとき」という「甘え」があるのでしょうか。ゴムなしでの快感を知ってしまった後は射精を体外で行うこと(外出し...

記事を読む

トップへ戻る